フレブルの血統を重んじるにはそれなりの【わけ】があるんです。

hureburu670

フレンチブルドッグは、人気のある犬種です。 そのため、「ブリーダー」が血統、毛色関係なく繁殖をする方が多くなっております。いわゆる「パピーミル」です。

特に毛色の「パイド」は一番人気の為、「パイド」同士の交配をする方がおおくなっております。
過去に、「ブリンドル」「フォーン」などの毛色を持つ血統から生まれた子をお勧めいたしております。

アニマルファームでは、過去にアメリカ「スターヘブン」犬舎から来たアメリカチャンピオンのペーターの子供をベースにブリーディングを始めました。

その後、先輩ブリーダーより、フレンチを繁殖するならヨーロッパの血統を使うほうが良いとご指導いただきました。

しかし、ヨーロッパのタイプとアメリカのタイプでは、まったく異なる事をしり、試行錯誤の上、今日のブリーディングに至ります。
400fureburu_0523
現在、ヨーロッパの血統を引く種オス、アメリカの血統を引く種オス両方、在社しています。

過去のペーターの子供は、数頭JKCチャンピオンになっております。

「うちは、ペットだから血統は関係ないよ」 と言われる方も多いと思われますが、本来「ブリーダー」とは良い血統を引き継ぐためだと思っております。

近年、お散歩をしているフレンチブルドッグを見ると、明らかにサイズが小さいもの、また大きいもの(こちらは重大欠点)フレンチブルドッグとして失格とされす鼻の色がブラック以外のものを見かけることがあります。

また、尾は無尾ではなく、自然な短い尾でなくてはなりません。また、動いているときでも尾は水平より下を向いていなくてはなりません。

このようなものは、基本血統です。

両親が、そのような尾をしていなければ、子犬も同じような尾が出るのは当然です。
また、「パイド」同士の交配を重ねていけば、鼻の色の劣化もありえます。

そのようなことを、配慮して子犬を選ばれることを推奨します。

関連記事

pethokenbana

kouhaiken

koinunoomukae

onakama

animal_access inunokouhai toriatukaikenshu situkekatabotan hanbaikeiyakusho

アニマルファーム Facebookページ

アニマルファーム Twitter

おすすめ記事

ピックアップ記事

670pxDSC_0057

2017.8.15

パパはJKCチャンピオン!トイプードルホワイト<6月11日生まれ>

6月11日生まれのトイプードルのホワイトの子犬です。 パパはJKCチャンピオン! ここ最近、トイプードルのホワイトの頭数がぐっと少…

Archives

  • 2017 (55)
  • 2016 (69)
  • 2015 (63)
  • 2014 (45)

カテゴリー

ページ上部へ戻る